水に濡れたスマホ

コーティング剤の防湿機能は色々な製品に使われていることを知ろう

水滴

フッ素コーティング剤という言葉は、あまり日常生活では耳にしませんが、実は色々な製品に活用されています。
例えば、一番分かりやすいもので言えば、フライパンです。
フライパンを使っても焦げにくいようになっているのは、コーティング剤を利用しているので、油がなくても焦げないようになっているのです。

他にも、スマホにも利用されています。
スマホの画面には、使っても画面に指紋が付かないようコーティングされていて、内部の基盤には防湿性を高めたコーティング剤を使用しています。
このコーティングのおかげでスマホを毎日触っても画面に指紋はつかず、防湿性を高めたコーティング剤のお陰で耐水性が強化されているのです。

また、フッ素加工と書かれた革のカバン靴にも利用されていますし、防水スプレーも実はフッ素コーティングされた商品となっています。

日常生活で様々な場面でストレスを抱えなくていいように、コーティング剤を吹き掛け防水力があがる商品がたくさんあります。

特に防湿性の高いコーティング剤は、スマホなどの本体や基盤が何かのきっかけで濡れてしまっては困るので、電化製品などの機械類によく使われています。

日常生活をより豊かなものにする縁の下の力持ちがコーティング剤なのです。

防湿効果でスポーツウェア等を快適な状態に保てるフッ素コーティング

身に着けるものがじめじめした状態だと、着心地が悪いだけではなく、カビの発生などで繊維が傷んで、衣服の劣化も早くなりがちです。衣服やスポーツウェアの中には、繊維にフッ素コーティングを施すことによって、防湿したり撥水したりして水分による劣化を予め防ぐ対策が取られているものが沢山あります。フッ素コーティングは、物体の表面に極薄のフッ素樹脂被膜を形成し、それによって水や油をはじいて吸着させない性質を付与することが出来ます。金属に対してフッ素コーティングを施すことで、その防湿効果によって錆びを防ぐことが出来るのは、よく知られています。衣服やスポーツウェアの原材料になる繊維をフッ素コーティング加工することで、同様に、防湿性・撥水性を備えた快適な着衣を作ることが出来るのです。防湿対策済の衣服は、湿度の高い環境下でもじめじめしないため着用感もよく、更に、自宅クローゼットなど、あまりしっかり換気できない場所で保管していても、カビが発生しにくくなります。結果的に、衣服やスポーツウェアが湿気で傷むのを防ぎ、長くいい状態で使えるようにすることができます。それが、フッ素コーティングを繊維に適用した場合の最大のメリットと言えるでしょう。

皮革製品のクオリティ維持にフッ素コーティングによる防水防湿が必須

スタイリッシュな見栄えで上等な質感が魅力の皮革製品ですが、シューズやバッグ、コートなど、愛用の皮製品をお持ちの人も沢山いるでしょう。皮製品は、色味や風合いをいい状態に維持することが大切ですが、そのためには、フッ素コーティングによる防湿防水効果を最大限、活用したいところです。フッ素コーティングに関しては、金属に使われるものという認識の人が多いですが、衣服や履物にも活用されており、特にその高い防湿効果が、製品のクオリティ維持に役立っています。フッ素コーティングされた皮革製品は、形成されたフッ素樹脂塗膜が水も湿気も油も弾いてくれるため、撥水・撥油効果によって水や油による汚れに強く、かつ、防湿効果によって空気中の湿気によるダメージにも抵抗力を持っています。ことに、高温多湿になりがちな梅雨時から夏場にかけては、皮革製品の品質維持のために、あらゆる手段を使って防湿しなければなりません。そんな時、予めフッ素コーティングされた製品を選んでおけば、防湿対策は比較的容易になるでしょう。更に、追加のお手入れのために、フッ素コーティング剤を含む防湿・防水スプレーなどを使うことによって、コーティング効果を補強し、皮革製品の品質をより長い間、いい状態にキープすることができるでしょう。

さまざまな場面で活躍するフッ素コーティングで製品の防水性・防湿性を高めることができます。【フロロテクノロジー】ならそれぞれの製品の用途に合ったコーティング剤を見つけることができるでしょう。製品の劣化を防いで長持ちさせたいなら、フッ素コーティングを活用するのがおすすめです。

ピックアップ

  • 非粘着性や防湿性という効果を付与できるフッ素コーティングの特徴

    何らかの物質で製品表面を覆うことで、汚れや傷から守る効果が期待できますが、こうした加工方法を一般にコーティングと言います。コーティングに使われる物質は色々ありますが、中でもフッ素樹脂を用いたフッ素コーティングは、非粘着性や防湿性といった効果を同…

    もっと知ろう

  • 金属製品の錆び付き防止にはフッ素コーティングの防湿効果が貢献

    一見丈夫そうにみえる金属ですが、水に弱いという難点があります。水を浴びてすぐに使えなくなるというわけではありませんが、ある程度の時間、水分や湿気に晒されることで、錆びてもろくなってしまうという特徴を備えています。今や、生活のあらゆる場面で金属製…

    もっと知ろう

TOP