水に濡れたスマホ

建築現場の木材はフッ素コーティングで撥水防湿加工したものが便利

建築物を完成させるにはある程度の日数が必要ですが、その間、建物を作るための木材は野外に置かれている場合が多いです。通常、ビニルシートなどでカバーして、雨水等で汚れるのを防ぐ対策が取られていますが、フッ素コーティングによって、予め撥水・防湿加工してある建材を使えば、より一層、建築材料の木材を綺麗な状態に維持することが出来ます。
フッ素コーティングは、調理器具への応用で一般に広く知られていますが、コーティング目的で使用できる製品の幅は、想像以上に広い点が特長です。建築に使う木材も、フッ素コーティングによる保護が可能な品物の一つで、コーティングを施すことで、建材は、水汚れにも油汚れにも抵抗性を持つようになります。従って、雨水や、通行人がこぼしたドリンクなどで汚れることもなければ、建築現場で使用する様々な油性物質で変色したりシミが付いたりするのも防げます。加えて、防湿効果も発揮されるため、空中の湿気を吸着してカビたり、変なニオイが付いたりするのを防止します。防湿効果は、建材の見栄えや強度を維持するためには非常に重要ですので、木材を使った建築物を建てるなら、是非、フッ素コーティングによる防湿対策済の建材を選択しましょう。

ピックアップ

  • 非粘着性や防湿性という効果を付与できるフッ素コーティングの特徴

    何らかの物質で製品表面を覆うことで、汚れや傷から守る効果が期待できますが、こうした加工方法を一般にコーティングと言います。コーティングに使われる物質は色々ありますが、中でもフッ素樹脂を用いたフッ素コーティングは、非粘着性や防湿性といった効果を同…

    もっと知ろう

  • 金属製品の錆び付き防止にはフッ素コーティングの防湿効果が貢献

    一見丈夫そうにみえる金属ですが、水に弱いという難点があります。水を浴びてすぐに使えなくなるというわけではありませんが、ある程度の時間、水分や湿気に晒されることで、錆びてもろくなってしまうという特徴を備えています。今や、生活のあらゆる場面で金属製…

    もっと知ろう

TOP